モゲチェック web

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

モゲチェック プラザ 口コミ

モゲチェック プラザ 口コミ

 

オンライン住宅ローンマッチングの「モゲチェック」を批評

 

私は職業上、FPや金融の専門家とお話をする機会が多々あるのですが、

 

以前よりお会いする方々から「モゲチェック」というスマートフォン用のツールが、

 

く出来ていて推奨というお話を耳にしていました。

 

現時点ではスマートフォン用のアプリケーションからウェブ上でのサービスに移行されており、

 

オンラインに接続可能な環境があればもうに見立てができるです。

 

なお、採り上げるのはサービス用意元の(株)MFS(東京都千代田区)にインタビューを行い、

 

モゲチェックやコンサルティングについてのお話をお聞きしてみました。

 

「住宅ローンの専門家達が評価するサービスとは一体どういったものなのか?」

 

早いところ使用感を批評してみたいと考えます。

 

「モゲ」というワードは一度聞いたら忘れられないようなインパクトと、

 

何だかわずかポップでキュートな響きがありますが、「MortgageLoan=住宅ローン」のMortgageから

 

来ているものと思われます。

 

このWEB上でのコンサルティングは、金融機構に申請を行う前に、ご本人が俗にどの程度の値段を

 

ローンする事ができるか?

 

融資を受けられる確率は何%か?という信用力を客観的に測る指数をモゲスコアとして算出します。

 

このモゲスコアをもとに、全国120の金融機構の融資確率を個別に推定し、ローンできる額・利率等を

 

結果として算出します。

 

(新規ローンにも、借り換えにも扱って)活用は当然フリーで、使用登録にはメールアドレスが不可欠ですが、

 

しつこいDMなども配信される事はないのですでした。

 

新登場から今現在までに、NHKや日本経済新聞、PRESIDENT、Forbes等の名高いメディアでも数多に取り上げられた

 

実績を持ち、このモゲスコアは不動産・住処情報Webページ「HOME’S」でも実のところに使用されています。

 

診断フロー

 

見立てフローコンサルティング結果の見極めまでは以下のフローとなっております。

 

結果を見極めするまでにかかった時は約3分程度でした。(使用した端末はPC)

 

11のベース情報を入力

 

アカウントを成形

 

所見結果を見極め

 

新規ローン編(操作やり方)

 

初めにMOGE参考にのWEBWebページにアクセスします。

 

基本情報登録

 

トップページから新規ローン、借り換えを選択

 

元情報入力元情報登録にて、指定された11の項目を入力します。

 

採り上げるの算定に使用したダミースペックは以下の通りです。

 

年齢:35

 

年収:500万円

 

職種:情報処理・ソフトウエア製作業

 

就業/採用形態:法人員(正社員)一般職

 

勤務先状況:非上場(従業員30名以上500名未満)

 

勤続期間:2年以上

 

婚姻:結婚している

 

扶養身内数:2

 

自己元金:300万円

 

他に負債:0

 

物件買い物住所:東京都

 

プルダウン形式で11項目に返答をしていきます。

 

アカウント登録

 

11項目の入力が終わったら、アカウント登録を行います。

 

アカウント登録には以下3点の入力が不可欠になります。

 

名前(カタカナ)

 

メールアドレス

 

パスワード

 

登録中身の見定め登録中身の見極め画面へと遷移しますので、中身に問題がなければ登録を決行してください。

 

見立て結果見立て結果クレジット順位という形で

 

見立て結果の画面に遷移します。

 

デフォルトで、借入額が3700万円、借入期間が35年、固定期間は0年(つまり変化利息)で算定を行った

 

結果が出力されました。

 

検索結果には地方銀行を含め、現実に多くの金融期間で借金を行う事例のシミュレーションが結果として現れました。

 

今現在画面に表示されている銀行は、ほぼ、70%もしくは60%程度の推定融資確率という結果でした。

 

借入金額要件設定の借入額をデフォルトだった3700万円から3000万円に減額してみました。

 

すると、推定融資確率が70%から80%に全くの金融機構が上がりました。

 

月次返金額も9.8万円から7.9万円に下がっていますね。

 

今度は要件設定の固定期間を移り変わり利息型から

 

15年固定利息に調整をしてみました。

 

すると、ごくわずかですが総返金額が少なくなりました。

 

上位に表示される金融機構も移ろいました。

 

水準を満たすまでめぼしい金融組織を絞ったら、「詳細を見る」ボタンを押下して

 

金融機構の詳細を見定めしてみましょう。

 

クレジットアイテム名、引下奥行き、事務手数料、サポート料や団信料の有る無しなどが

 

とても具体的に示されています。

 

しかも、モゲチェックプラザのコンサルティングを通しての申請では、全国700の金融機構に一括で

 

査定エントリーを行い、より要件の良い利息の金融組織を選り抜く事ができるです。

 

金融機構へのエントリー代理や、利率変化危険性のある、変化利率型や最初固定利息型で

 

借金を行った事例、本格的な利率上昇前にクレジットの再検討を助言してくれるサービス

 

(35年心配無用バックアップ)も行っています。

 

借り換え見立て編(操作流れ)

 

2018年目下、かつてないほどの低利率が続いています。

 

住宅ローンの借り換えをやりたいけど、「どの銀行が良いか対比も厄介だし、借り換えの申込み手順も

 

骨が折れる」という人も多々あると考えます。

 

実のところどの程度必要経費良い面があるかをモゲチェックで検証してみると、「月次これだけのキャッシュアウトを

 

抑制可能な」という具体的な値段が見えてきます。

 

借り換えを選択します。

 

直近での住宅ローンを入力前段で入力した年収等の11項目の他に、今現在借入している

 

住宅ローンの情報を最大限7項目入力します。

 

採り上げるの使用したダミー前提は以下の通りです。

 

金融機構:採り上げるのは適当な銀行を選択

 

最終返金年月:2045年3月(※1)

 

今現在の残高:2500万円

 

利息:3.23%(※2)

 

利息タイプ:全期間固定利息

 

(※1)2010年に全期間固定利率を35年償還で借りた事を想定しています。

 

(※2)利息は2010年3月の民間金融機構の平均的な全期間固定利率の3.23%を使用しています。

 

見立て結果の表示です。

 

前提設定の項目には、直近で借りている住宅ローンと同じくの全期間固定利率を選択しました。

 

その結果、コストメリット第1位の金融機構で借り換えを行ったケースには、借り換えによる

 

総良いところ額は568万円、月次良い面額は1.89万円という結果が出ました。

 

1年に換算すると、月次1.89万円×12カ月=年間約23万円の省コスト化になるという事になります。

 

これから手数料や諸経費の経費を差し引いたとしても、借り換えによってかなりの額が節減可能な事が理解いただけます。

 

詳細をクリックすると、利息等の詳細が見定め出来ます。

 

省コスト化した元金を繰り上げ償還に充てて早期完済を行うのも良いですし、

 

ささやかな世帯旅行にも行けてしまう額ですね。

 

低利率ご時世の目下では借り換えによる良い面が大いに大きい事が理解いただけます。

 

住宅ローンの借り換えには絶対、決して安価にはない諸総額がかかりますが、モゲチェック・プラザの

 

借り換えサービスは成果見返り型となっていますので、借り換えが成功しないケースには料金は全部かからず、

 

契約者にとってはこれ以上ない素晴らしいサービスです。

 

さらに、煩わしいな申請申込み手順を代理してくれるため、自身で借り換えを行うのが厄介で

 

腰が重いという人にもベストチョイスです。

 

電話でのフリー折衝はモゲチェックプラザ

 

なお具体的でより詳しい話し合いをやりたい事例には、フリー電話見立てで

 

モーゲージスペシャリストに直接折衝する事ができる。(要予約・沖縄を除く)

 

モゲチェックでは120の金融機構が対象なのに反対に、モゲチェックプラザでは700の金融組織が対象です。

 

モゲチェックプラザの電話見立ては、カスタマーセンターのオペレーターを教育してマニュル化された

 

一律なものではなく、全部、金融組織出身のプロフェッショナルがコンサルティングを行っています。

 

新規ローンにも借り換えにも応対しており、モゲチェックプラザ経由で住宅ローンのエントリーをすると

 

多彩なサービスが受けられます。

 

利率や保障中身などベストな住宅ローンの選択を助言

 

住宅ローンの契約に関わる事務申込み手順を代理

 

35年心配無用アフターケアで完済までマンスリーレポートを受け取れる など

 

見過ごせない手数料は?

 

モゲチェックプラザ電話によるコンサルティングはフリーで、ローン・借り換えの契約が成立した事例のみ

 

手数料が生じてする、成果お金型で、手数料は貸付金借入額に含める事ができるです。

 

手数料

 

手数料新規借金のケースは、借入額の1%(税別)

 

借り換えのケースは、削減できた価格の10%(税別)

 

しかし、どっちも下限25万円、上限50万円となります。(事務申込み手順代理手数料など全部含む)

 

運営元の(株)MFSに聞いてみた

 

インタビュー日時:2018/09/12

 

編集部:御社のビジネス中身をお聞かせください

 

弊社は金融、戦略、技術のスペシャリストが集まった企業で、代表の中山田は、日本初の住宅ローン証券化を

 

担当したり、SBIモーゲージ(現ARUHI)でCFOを勤めていたり、この業界に20年以上どっぷりと浸かっている人間です。

 

目下の市場の状況ですが、現在までモゲチェックや、モゲチェックプラザをご使用頂いた1万人を超える顧客データを

 

分析したところ、ユーザーの半数以上は最適な住宅ローンを選べていない状況にあります。

 

半数以上の方は借り換えを行う事で「100万円以上の借り換え良い面がある」という状況が

 

実際の日本に起こっています。

 

借り換えをすれば100万円というすごく大きな良い面生まれるのに、なぜ借り換えをしないのか?

 

という事なのですが、日本のケースは必然的に借金をする時に、先に物件を見つけて不動産が提携している、

 

何個かの住宅ローンの中から最適な住宅ローンを見つけるという工程になっています。

 

帰するところ全国津々浦々に金融機構がある中で、たった数個の中から選択するというのは、

 

その人にとってベストなものが選択できる確率がとても少ないんですね。

 

ですので、そこを回避する為に弊社が間に入り、借金から借り換えまで

 

ユーザーに最適なクレジットを媒介しています。

 

我々としては、目下特に借り換えというところを主にしておりまして、一番目に不動産企業がひと工夫した

 

クレジットが最適でない事例に、再考をする行為が借り換えになるのですが、実際これをやろうとすると、

 

自身でたくさんと調査しなければいけないし、自身で貸し出しを調査したとしてもその後の申込み手順が

 

セルフサービスになってしまうんですね。

 

住民票や、他にの書類を企業を午前半休して取りに行くとか、煩わしいな事が豊富にあります。

 

ですので、ここの借り換えというのは離脱される方が大いに多く、オンライン銀行などに話を聞くと10件申請が

 

あったとしても、遂行までいくのが1件程度で、9件は途中で離脱してしまうという状況にあります。

 

そのようなニュアンスでも、借り換えに対するバックアップが日本にはまだまだ不十分であるという所がありまして、

 

モゲチェックプラザのコンサルティングサービスでは手厚くアフターケアさせて頂いております。

 

編集部:普通借金を行うよりも有利な利息を引き出せているのは何故でしょうか?

 

これは銀行さんから便宜を図って頂き、リリースされていないスペシャルなアイテムを取り扱わせて頂く事があります。

 

これは何故かというと、我々の商いモデルはクライアントからフィーを頂き、銀行から全部利益供与を

 

受けていないという状況です。

 

これは銀行から見るとどのように見えるかというと、ゼロ必要経費で集客可能なチャネルなんですね。

 

なので銀行さんからすれば、MFSから豊富に送客をしてくれるのであれば、

 

それに反対に便宜を図ろうという事になります。

 

編集部:モゲチェックプラザではどういった事ができますか?

 

弊社の主力サービスがモゲチェックプラザになりまして、電話折衝が主要になります。

 

モゲチェックでは、順位形式でマックス120の金融機構が対象となりますが、モゲチェックプラザでは他にも

 

多くの700の金融機構が査定対象になります。

 

生々しいストアでの話し合いも行っていましたが、電話話し合いの需要が高かったため、

 

電話話し合いの方に業態をチェンジをしています。

 

モゲチェックというのは総返金額の計算機でして、ここで可能な事は限定しれています。

 

一例を挙げれば償還構想や利息タイプのご話し合いなどはできません。

 

さらに、これから申込み手順代理のサービスが始まるかというと、そうではなくて、申込み手順を進める

 

ユーザーはモゲチェックプラザに飛ぶという形になっています。

 

モゲチェックとモゲチェックプラザでは何が違うかというと、モゲチェックプラザを使用して頂いたら

 

私たちが一通り金融機構への申請代理を行います。

 

というのが最上大きい所です。

 

加えて金融組織へエントリーをし終わった後もクレジット完済までどんどんサービスが続く、

 

35年心配無用アフターケアというサービスを行っております。

 

これは何かというと、皆さん借り換えたらそこで終わってしまう方が多く、利息とかもよく分からず、

 

それで終了になってしまう事があります。

 

帰するところ借り換えのチャンスは都度、都度巡って来るものですので、弊社では一度借り換え・ローンを

 

なさったユーザーへは、月次マンスリーレポートを送っておりまして、実際の利率動向や、実際貴方が借り換えを

 

行ったら良い面があるか、などを月次送りアラートしております。

 

しかも、モゲチェックプラザでは成功お金のお入金を住宅ローンの月次返金額に含める事ができます。

 

一例を挙げれば、FP(ファイナンシャルプランナー)に話し合いしたケースは、折衝時に

 

お金が出て行くと考えますが、そうではなく、住宅ローンの月次償還額に含める事ができますので、

 

ユーザーさんにとって瞬く間にお金が出て行く事がないのです。

 

編集部:HPを見ている今後住宅ローンをローン・借り換えを行う方へメッセージをお願いします

 

初めに、ご本人が借り換えでどんだけおトクになるのか?

 

借り換えられるのか?という所を我々はフリー折衝で承っておりますので、

 

最初にお手軽にお照会頂ければと考えます。

 

実のところに住宅ローン市場ではユーザーの半数の方が100万円以上の減額の確率が

 

ありますので、ちょっとでも引っかかる方、特に2000年?2010年に借りた方ですとか、

 

目下利息が1%以上の方につきましては借換の長所が100万円以上出る見込みが高いです。

 

よく言われる、10年、1%、1000万という言語がありますが、わりと3つを記憶にある方が多くいらっしゃらないと

 

考えますので、いつ借りたか?実際の利率が何%か?というところで、該当する方はお照会下さい。

 

我々の方では、自営業の方や、自身の邸宅とお店並存になっている物件や、離婚をされたなど、

 

たくさんな場合を取り扱っていますので、そのようなご心もとないがあったとしてもおのんびりにお質問下さい。

 

採り上げるのインタビューにご協力頂いた方

 

取締役COO:塩澤氏

 

マーケティング部:井上氏

 

お忙しい中ありがとうございました!

 

FINOLABMFSが入居する日本初のフィンテック拠点「FINOLAB」「FINOLAB」エントランスモーゲージスペシャリスト

 

による電話コンサルティングの様子今度インタビューにお答え頂いた取締役COOの塩澤氏

 

(株)MFSについて住宅ローンに特化したFinTech会社で業界を牽引中。

 

実際大変注意を集めている会社の一つです。

 

外部の主要株主には、Yahoo!グループ、電通グループ、マネックスグループ、ゴールドマンサックスなどの

 

重鎮が並び、その注意度の高さと今後性の高さがうかがえます。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

住宅ローンの3秒診断

page top