モゲチェック web

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

MOGE CHECK PLAZA

MOGE CHECK PLAZA

 

住宅ローンを手間なく・確実に対比する技術!!

 

借り換えで最大限の成果を生み出す裏ワザ中身が間違っていて、

 

使えない住宅ローンの対比Webページがとても多々あるので配慮してください。

 

住宅ローンの新規借入、借り換えを比較考量する時に、対比Webページを

 

ポイントにする方は多々あるですが、鵜呑みにするのはリスキーです。

 

住宅ローンの借り換えは「相当大きな成果」が望みできますが、誤った対比Webページを

 

ポイントにしていては間違いして損したり、無意味な時を費やすなど、大きな危ういがあります。

 

今度は、信用できない住宅ローンの対比Webページに依存せずに、手っ取り早く・確実に

 

住宅ローンの借り換えを成功させるメソッドをご解説いたします(無論新規借入にも使えます)。

 

住宅ローンの借り換えは必須?

 

住宅ローンの借り換えで「数百万円の償還額が減少した」という話は少なくないのです。

 

住宅ローンの借り換えで、数百万円刻みの成果が生まれるなら、

 

真剣に比較考量した方がいいですよね。

 

もはや、煩わしいとか、他人事なんて言っていられるレベルではないのです。

 

住宅ローンの借り換えを成功させるためには、いろいろの銀行を対比して、

 

ちょっとでも前提の良い住宅ローンを選り抜く事がかなり重要です。

 

けれども、住宅ローンのアイテム中身は、相当複雑で、容易にはいかないものなのです。

 

住宅ローンに突き詰めてない方や、住宅ローンに専門的に関わっている方でなければ、

 

住宅ローンの対比は造作なくではないのです。

 

今度は、借り換えを成功させるために、住宅ローンの対比をパフォーマンス的に行い、造作なくに、

 

加えて最高の成果を生み出すための借り換えの裏技をご解説したいと考えます。

 

住宅ローンの借り換え良いところ

 

住宅ローンの借り換えで望み可能な長所は何と言っても、

 

返金額が減少させられる事です。

 

住宅ローンの借入額は大いに大きな費用ですし、懐具合に満たすレートも

 

大きなものになっている方が多々あるでしょう。

 

住宅ローンを借入している方の平均的な水準で言えば、年収の20〜30%を

 

住宅ローンの返金に充てている事になります。

 

そのような住宅ローンの返金が、借り換えで減少するなら、どうぞ、

 

借り換えやりたいという方は少なくないはずです。

 

それも、数百万円の刻みで影響が生まれるなら、何とぞ、借り換えやりたいですよね。

 

現実に影響が望み可能なの?

 

住宅ローンの利息は、今まで長期的に下降性質で推移しています。

 

それにより、数年前に、その頃の住宅ローンの中で、最も利息の低いものを選択してで借入したと

 

いう方であっても、現時点での利率と対比すれば、事前に割高になってしまっている事が少なくないのです。

 

借り換えで利率が下がる見込みがある方は数多くいるのです。

 

なお、家屋購買時に、勤続期間や、その頃の年収、自己財源の額、その時の査定規格などから、

 

「十分に低いと賛同可能な住宅ローン」が借りられなかった方にも、住宅ローンの借り換えを

 

吟味してみる美点はあります。

 

新規借入時の住宅ローン査定と、借り換え時の査定規格はわずか差異ます。

 

住宅ローンショッピング時の査定で高い評価が得られなかった方でも、その後の返金を延滞無く

 

充分にと行っている方は、借り換えの査定で高い評価を得られる確率が高いのです。

 

こういった方は、住宅ローンの借り換えで、最大限の優遇利率を適用してもらい、

 

住宅ローンの借り換えで長所を享受可能な確率があります。

 

借り換えに適する方

 

住宅ローンの借り換えで良いところが得られる見込みのある、

 

借り換えを熟慮していただきたい方は、以下のいずれかにあてはまる方です。

 

住宅ローン残高が1000万円以上ある

 

住宅ローンの残期間が10年以上残っている

 

住宅ローンの利率が1.5%以上

 

5年以上前に固定利率(10年、20年、フラット35など)で借入

 

住宅ローン借入時に十分な優遇利息が受けられなかった

 

住宅ローン借入時に銀行を選べなかった

 

住宅ローン借入時に優遇利率が「最初期間」のみ大きく、その後低下する

 

以上のような方は、住宅ローンを借り換えする事で、良いところが生まれる見込みがありますので、

 

ご自分の借り換えの確率を、どうぞ、思い巡らすしてみた方が良いでしょう。

 

どれくらい得になるの?

 

住宅ローンは、借入金額も大きく、借入期間も長いため、借り換えで、

 

ちょっと利率が下がるだけでも、総支払額は大きく変わってきます。

 

では、借り換えで、利息が下がった時に、どれだけの成果が生まれるのか、具体例でご解説いたしましょう。

 

前提:住宅ローン残高2000万円、借入利息1.5%、残期間20年上述のような状況にある方が、

 

住宅ローンを借り換えして、利率が0.5%になる時を腹積もりてみます(他にの借入金額、借入期間は修正なし)。

 

この時、借り換えによる利率分の減少額は、おおよそ200万円(≒2000万円×(1.5%?0.5%)×20年間÷2)となります。

 

住宅ローンの借り換えをするだけで、200万円もの償還額が減少するとなれば、無視できませんよね。

 

借り換えによる長所は、借入残高、借入期間、借入利率の減少奥行きの各々が、大きければ大きい程、

 

生まれる影響も大きくなる見込みがあります。

 

つまり、先程の例で、住宅ローン残高4000万円であったなら、借り換えによる良いところも、

 

400万円が見込み可能なという事です。

 

素人が「対比」するのは持て余す

 

住宅ローンの借り換えで最大限の良いところを得るために大切なのは、

 

借り換えで使用する住宅ローンを、各銀行の住宅ローンで対比して、最も前提の良い住宅ローンをチョイスする事です。

 

ただし、住宅ローンの対比は、慣れていない方には、かなり難易度が高いのです。

 

理由を言えば、各銀行の住宅ローンのアイテム性は、銀行毎に異なっており、そのうえ、「複雑」です。

 

それ故、慣れていない方が、アイテム中身を見ても手っ取り早くには、正しく把握できません。

 

(銀行のアイテム指導は、心残りながら、素人に正しく汲み取るさせるつもりは無いようです)

 

一例を挙げれば、「サポート料フリー」を大きく掲げていても、それと同額程度のコストを「事務手数料」として

 

請求したり、優遇利息が●%と大きく掲げても、その利率優遇ははじめの数年間だけで、

 

その後の利率が大きく上昇するという事も少なくないのです。

 

これらの情報は、各銀行のアイテムガイドの際立たないところで、小さく表示されている事が多く、

 

慣れていない方の住宅ローン対比を困難にしています。

 

住宅ローン解説Webページも信用できない

 

それならと、インターネット上でふんだんに影響する住宅ローンの対比Webページ

 

(利息順位とかありますよね)を見ても、こういった住宅ローンのアイテム性を

 

習得できていないWebページが多く影響しています。

 

住宅ローンの対比Webページは、素人が運営しているものが大方です。

 

けれども、住宅ローンのアイテム性は、実のところに銀行で住宅ローンを取り扱っていた方や、

 

不動産専門家など、専門的に取り扱っている方でないと、正しく習得する事が

 

容易にはいかないところがいろいろあります。

 

慣れていない方が浅く調査して作ったWebページと思われ、住宅ローンのアイテム性を誤解したまま

 

解説しているWebページが豊富に影響してしまっていますので用心が不可欠です。

 

誤ったWebページを見分けるのは厄介なですが、「オンライン専業銀行のおおよそがバックアップ料フリー

 

だからリーズナブル」などと解説しているWebページは、大抵、良く解っていないWebページなので用心してください。

 

借り換えを成功させる裏技

 

テクニックは手っ取り早くです。

 

それは、豊富な知識を持ったエキスパートに住宅ローンの借り換えを任せてしまうのです。

 

NHKの「クローズアップ現代」や、「日経新聞」、「日経商い」などでも解説されていましたが、

 

住宅ローンにとても精通したエキスパートに、住宅ローンの対比、選択、申込み手順を

 

任せてしまうという手段が注意を浴びています。

 

こういった専門家の方は、いつも近頃の住宅ローンを対比見定めして、要件の良い住宅ローンを分析しており、

 

実のところに取り扱っていますので、最先端の有用知識を身に付けています。

 

素人がどんだけ努力をしても、エキスパートが持つ知識量には届きません。

 

コンサルティングサービスのもち味

 

採り上げるのは、各メディアで数多く解説されている「MOGECHECKPLAZA」をご解説します。

 

MOGECHECKPLAZAというのは、住宅ローンの話し合い窓口を運営する法人です。

 

サービスのポイントは以下の通りです。

 

使用者の平均削減額は480万円

 

全国120の銀行を対比してベストなクレジットを探してくれる

 

話し合いは何度してもフリー

 

賛同するまで何度でも折衝にのってくれる

 

住宅ローンの新規借入・借り換えどっちでも応対

 

不動産法人の提携貸し出しより有利になる事がある

 

銀行との交渉・申込み手順も代理してくれる

 

不動産企業との打ち合わせにも立ち会ってくれる

 

見返りは成功時の支払のみ

 

同エキスパート競合企業と対比して「最低代金バックアップ」のインセンティブ

 

(新規借入時)不動産法人提携貸し出しを選択した時はインセンティブ要らない

 

つまり、造作なくに言えば、知識・情報が豊富な専門家が、数多くの銀行を対比して、

 

最も有利な住宅ローンをフリーで助言してくれます。

 

お金は新規借入や、借り換えが成功したケースのみに現れてしますので、

 

折衝して承知しなければ活用しない事も当然できるです。

 

エキスパートに任せる良い面

 

MOGECHECKPLAZAのような住宅ローンのエキスパートに、

 

新規借入、借り換えを任せてしまう事の良い面には以下のようなものがあります。

 

数多く影響する銀行を対比して、正しい知識のもとに住宅ローンをチョイスしてでくれる

 

借り換え(新規借入)が成功しなければお金要らない

 

銀行との交渉・申込み手順を代理してくれる

 

借り換え時の良い面をシミュレーションしてくれます

 

本当はこのなかのが肝心です。

 

銀行で活用可能な本当の住宅ローンの前提は、アイテム指導に記載されていません。

 

銀行の住宅ローンでは、一般の方に教えてくれない、「交渉奥行き」設けられています。

 

この交渉奥行きは、巨大資本不動産企業の提携貸付金や、勤務先の解説、

 

また「交渉」によって使用できます。

 

ただし、交渉といっても、素人がただ交渉しても手軽にには引き出せません。

 

こういった住宅ローンの前提交渉は、銀行との受け応えに精通した住宅ローンのエキスパート

 

だからこそ引き出せる領域と言えます。

 

MOGECHECKPLAZAの活用メソッド

 

MOGECHECKPLAZAの住宅ローン借り換えを使用するための具体的な手法をご解説します。

 

MOGECHECKPLAZAで、コンサルティングを受けるための普通な流れは以下のようになります。

 

【申込・申込み手順の流れ】

 

フリー折衝、フリー所見

 

・借り換え長所があるか如何にかを決断

 

・具体的な住宅ローンの教授を実施↓

 

再考の行える

 

・銀行との要件交渉

 

・借り換え、申込申込み手順の代理↓

 

アフターバックアップ

 

借り換え成功後も、いつも状況を参考にして、しかも住宅ローンの前提を良く

 

可能な機会があれば、助言してくれる他にも、MOGECHECKPLAZAへのお金は、のサービス行える

 

によって、成果が得られた(利息が低下)した事例にのみ現れてします。

 

が挫折したケースには、支払は現れてしません。

 

つまり、ひとまずお試しも兼ねて応用してみて、役に立つなら使用する、使えないなら止めれば良いのです。

 

それで損はないのです。

 

全部の開始はこちらのフリー話し合いから始まります。

 

整理

 

住宅ローンの借り換えは数百万円刻みの良いところを生み出す事もあります。

 

ただし、借り換えに使用する住宅ローンを、数多く影響する銀行を対比して、

 

選び出すのは素人にはハードルが高いものです。

 

住宅ローンの対比Webページも鵜呑みにはできません。

 

何より、銀行の住宅ローンは、「交渉」する事で得られる前提がありますが、

 

この交渉は素人には難易度が高いのです。

 

MOGECHECKPLAZAというプロによるコンサルティングサービスを活用する事で、

 

成功見返り制のコンサルティングサービスを活用する事ができます。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

住宅ローンの3秒診断

page top